Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
映像紹介「鏡の中の人」
すこし映像を紹介します。時間のある時に、リラックスして見ていただけるとうれしいです。

大阪大学コミュニケーションデザインセンターで「からだトーク」というシリーズをやっています。
西村ユミさん(看護学)、本間直樹さん(哲学・映像)、玉地雅浩(理学療法士)さん、佐久間新(ダンス)が案内役をしています。

この回は、マイケル・ジャクソンの曲をもじって「鏡の中の人」というサブタイトルにしました。タイトルにひかれてかダンス好きの人がたくさん集まってくれました。会場は、阪大の中庭に面した部屋だったのですが、中庭で学生たちがダンスやジャグリングの練習をしています。集まってだべっているグループもいます。

撮影は本間直樹さんが行っているのですが、タイトルの影響か、この日はガラスを撮り続けています。ガラスに映る部屋の中とガラスの向こう側の中庭の両方が映像に映っています。また、この日は、本間さんがパソコンに入った曲をDJになって即興的に選んでいます。MJのメドレーやクラシックが流れます。

最後に「Man in the ミラー」がかかって、ペアのダンスから全員のダンスに広がっていきます。ここは、僕もお気に入りのシーンなのですが、You tubeにアップした途端に、アメリカから警告が入ったそうです。残念ながら、全く関係の無いダンス曲が入っています。

僕は、ダンスのワークショップで音楽を使うことはあまりありませんでした。特に録音されたものは。でも、去年からたんぽぽの家の定期ワークショップで、「ダンス音楽はほんとに踊りたくなるか?」というテーマで、パヒュームやマッチから、ジャズ、ジョン・ケージ、邦楽、ガムランなど、いろんな曲でやってみました。意外と、ジョン・ケージにダンス心を刺激されました。MJは別格で、曲自体がダンスしているので、もはや何をやってもダンスになる、という感じでした。

しかし、録音でダンスするのは悲しい面もあります。ダンスに反応してくれないからです。そして、録音は、ささいなきっかけでストップされたり、早回しされたりします。生身の人間がやっているのとは異なります。でも、録音だからこそ、無くなったMJやジョン・ケージの音楽でダンスできたりもする訳です。

そんな意味では、警告が入ったというのも、おもしろい事態だと思います。録音音源とのダンスのはかなさを味わせてくれました。ワークショップの映像を4本紹介します。いつものように、撮影は本間直樹さんで、編集はされていません。時間が切り取られているだけです。




MJです。セママサマママクサって、名前を呼ばれて気がするんです。みんなでディスコみたいに踊っています。西村ユミさんがダンスする貴重映像もあります。曲が変わり、どんどんとメンバーが変わって、ダンスが変わっていきます。



ダンスや演劇をしている芸達者な3人の女性が登場するシーンです。曲は、MJから一転して深刻な感じですが、ダンスには笑いが。



「からだトーク」のレギュラーKさんとのデュエット。現場では、この途中からman in the ミラーが流れてたんですが、upした途端警告が入ったので、全然関係ない曲が入ってます。徐々に人数が増えて、最後はみんなで、なぜか仲良くダンスしています。おそるべきMJパワーです。その魔術に気づいたのか、中庭の学生たちが驚いています。



オマケ。これは別の会の映像です。一緒にman in the ミラーを踊ったKさんとのラストダンス。「からだトーク」の常連さんで、阪大事務職員。ワークショップが終わって、みんな帰りがけにダンスが始まりましたが、終電が無くなりそうで、もう、だれも構ってくれません。「西村先生、追い出さないで!」
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2017 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。