Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
うまれた、叫ばずに。
2月2日
最高だった。

楽屋で白いドレスに着替えている晴美さんを見ながら、
今日、この場所で、この人とダンスができる奇跡を感じて、
ジェリーさんの音とともに
ある、
ことだけを踊ろうと決めた。

ほの明るい光と闇がつくる輪のはざまでたゆたうと、からだが滑りはじめた。
きっと、もうひとつの光の輪では、晴美さんが踊っているのだろう。

感じるままに、気ままに踊った。

光がひとつの大きな輪になった。すこし晴美さんを探ってみると、
ヴェールの向こうで、目がらんらんとし、ぐふふと笑っていた。
いいですか、おにいちゃん、おどりましょう、おもいっきりやりましょう、
って言ってるのがわかった。

僕は、ますます気ままに踊った。
前回とは違った。開始直後に発作が起こったあの時とは。

四方を囲んだ下手側の客席から拍手が聞こえた。叫び声も聞こえる。どうやら晴美さんのお母さんのようだった。
「わたしは、じぶんのこだけがかわいいんです。」「よかったよ。」「サクマさん、ありがとう。」「こんなこをわたしはうんだんですか。しんじられない。」「ぶちこわして、ごめんなさいね。」

間欠泉のように、感情の泉が高まるたびに、お母さんは何度も登場した。

「ありがとうございます、はるみさんのおかあさんですね、まだなんです、ここからなんです、まだまだおどるんですよ、だいじょうぶです、ありがとうおかあさん。」

と、僕も叫んでいた。
晴美さんを車椅子から下ろした。どんどん踊り出した。イチ、ニ、サン、シ、ゴッ、ロック、歌いながらダンスした。ぐるぐる、ひょこひょこ踊りながら、
わたしいいでしょ、みんなみてる、いけてるでしょ、すごいでしょ、
ダンスの渦。

僕が飛び跳ねると、晴美さんも魂ごとジャンプして終わった。崩れ落ちた晴美さんをお姫さまだっこして、くるりくるりと回った。
「それを待ってたんや!」「ウォー」
ことばにならない叫びが聞こえてきた。拍手の中での退場。

なにかがうまれたようだった。いつも毎日毎日何年も「うまれた」を叫び続けたのに、舞台では叫ばなかった。ほんとにうまれるときは、うまれたとは言わないんだろう。この日まで、想像妊娠のような状態になっていた。ほんきで狂気で、踊り狂うひと。僕は、晴美さんにあこがれ続けているのだろう。彼女と一緒に、自分の力を総動員して闘えるダンス事故。ダンスの力、ダンスの可能性。ひとの力、ひとの可能性。

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
佐久間さん、おめでとう。

文章読んだだけで、泣けてきます。


生きているということは、それぞれがダンスしているということですね。
2012/02/04(土) 19:56 | URL | しん平 #-[ 編集]
佐久間さん、晴美さん!おめでとうございます。
奇跡の瞬間がいっぱいだったんですね。
すごいです。
生活を踊っている人、したたかに生きている人だけが奏でる何かがこっちにもたくさん伝わってきます。

たくさんの人に愛されているんだなぁと思いました。
今後の活躍が益々楽しみです。
2012/02/04(土) 20:58 | URL | きむきがん #-[ 編集]
ありがとう、しん平さん。

生きていることは、ダンスすること、闘うこと、

なのか?
なのかもしれない。
2012/02/05(日) 23:23 | URL | さくましん #JvQfqRII[ 編集]
きがんさん
うまれました、ありがとう。

きがんさんも
闘うひとですね。

闘うことは、愛すること。
なのか?
まだわからない。
2012/02/05(日) 23:26 | URL | さくましん #JvQfqRII[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2017 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。