Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
神様とセカバー
高速を飛ばして、駐車場に放り込んで、鳥居をくぐっていくと、提灯と焚き火に照らされて、たくさんの人だかりが見えた。拡声器から、「神様が通られたら・・・、みなさん・・・。」と聞こえてくる。そうだ神様なんだ。幸い一段高いところの正面のいい位置を確保できた。焚き火が消されて白い煙が上がる。白装束が動く。静寂の闇に笙の音が流れ出す。太鼓が空気とからだを震わせる。男たちの声が神様を取り巻く。音は筋になって、夜の森へ遠ざかっていく。

ところどころに落とされた松明の燃えかすを目印に、砂の道を進んでいく。わずかにざわめく人の川が流れていく。ネコ目の月の明かりに、コートやジャンパーのシルエットが浮かび上がる。夜の行進。小学校の高野山での林間学校、儀式の後のバリのバトゥカル山、ワヤンを探し求めて歩いたジャワのあぜ道・・・。そういえば、この間、近所のスーパーオアシスが停電していた時の店内。みんなでいるのに、静かで、いろいろ妄想が広がる。でも、まわりのみんなも妄想を広げているんだろう、と気づいた時の不思議。

何度か小休止をした後、森の奥の神社に到着。神様は、もう帰ってしまったようだ。ピチャッとおでこに水滴が落ちたかと思うと、雲が切れて月がのぞく。ちょうど舞が終わって、見上げると、オリオン座が見えた。毎年、この場所に上がっているのだろうか。今年で、875回目の儀式だと、神官が説明している。12月17日の0時に出かけた神様は24時間以内に戻らなければならないという。もうすぐ日が変わると僕の誕生日。42年前に生まれた僕は、最近、何度目かの誕生を迎えているような気がしている。セカバー、セカンド・バース!

帰りの高速では、カーラジオから大友良英さんのラジオが流れてくる。KBS京都、なつかしいなあ。中学生の頃、KBSの深夜ラジオをよく聞いてたなあ。ちょうどその頃の1984年に、ドイツ人ミュージシャンが舞台上で京劇のオープンリールテープを切り刻みながら、いっぱい並べた楽器を好き放題演奏するという曲が流れはじめた。なんと16分!こんなのを聞いている中学生がいるんだろうなあ。飛ばしすぎないように飛ばして、なんとか帰宅。少し、興奮している、いい1年がはじまる予感。
(佐久間新)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2017 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。