Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
小桜ちゃん
水曜日はクリスマスイブ。朝からイウィンさんとともにブナのプレゼント探しに出かけた。山を下って箕面の駅前にあるペット屋を訪ねる。間口1間ほどの店で、おじいさんが一人でやっている。文鳥を探しに来たのだ。

日頃から、ブナは神社で、ガラガラと鳴らしてお祈りするのが好きだ。
「何お願いしたん?」
「赤ちゃんが来ますように!」
「・・・ ・・・。」

また別の神社で、ガラガラ。
「何お願いしたん?」
「生きた!イヌが欲しい!」
「・・・ ・・・。毎日散歩せなアカンねんで・・・。ジャワへ行ってる時はどうするん?」

などとごまかし続けたが、一人っ子だしなぁ・・・。小鳥くらいは飼えるかな、と思って出かけたのだ。

ペット屋のおじいさんが頭や肩に小鳥を乗せたまま、いろいろ説明してくれた。文鳥もいた。白いのん、まだらのん、グレーのん。かわいいなぁ。そして、次におじいさんが説明してくれたのが、うぐいす色のインコ。生後1か月あまりで、まだエサやりをしている小さなインコ。目玉がパチリパチリと動いている。

いろいろ迷ったが、結局これにした。小桜インコ。

鳥カゴとヒナ用のエサも買って帰宅した。午後からは、かたわらに置いて家で翻訳の仕事をした。全然鳴かずにじっとしている。夕方、保育所へブナを迎えに行く。もちろん、インコのことは内緒だ。そのままイウィンさんのパート先へブナを送って行った後、僕は帰宅し、小桜ちゃんを車に乗せて、京都へ向かった。鳥カゴをぶら下げて舞踊教室へ行き、レッスンをした。小桜ちゃんは、ガムランを聴いてリラックスしている様子。

再び帰宅し、ブナの寝静まった後、サンタになって、プレゼントの準備完了。クリスマスイブの父親って滑稽だなぁ。
(佐久間新)


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2017 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。