Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「愛の讃歌」をめぐって
2007年のザ・フェニックスホール、碧水ホールに続いて、三輪眞弘さんの「愛の讃歌」。ついに野外へ飛び出します。「愛の讃歌」に関して、すこし振り返って見ました。

●●●

三輪眞弘さんとマルガサリのコラボレーション作品である「愛の讃歌」は、2007年3月に、ザ・フェニックスホールで行われた「ガムラン・コモンズ」のコンサートで初演された。

その公演からさかのぼって、2005年12月、中川真さんと共にイアマス(岐阜県立情報科学芸術大学院大学)の三輪さんのオフィスを訪ねた。5年越しで取り組んでいた桃太郎の次のプロジェクトとして、三輪さんに作品を書いてもらうためだった。三輪さんは大いに関心を示してくれて、三輪さんとのプロジェクトは数年がかりで取り組むことになった。(その後、桃太郎は進化を続け、現在でもプロジェクトは継続中。今年は、インドネシア公演を行うことになっている。)そして、マルガサリがザ・フェニックスホールから公演を依頼されたのを受けて、2006年10月に再びオフィスを訪れた。三輪さんとのプロジェクトの第1段階として、ザ・フェニックスホールのコンサートに向けて作品を制作することになった。12月には、三輪さんから曲に関する具体的な指示の書かれた最初のメールが送られてきた。

FourBits-Gamelan の準備

と書かれており、以下のような指示が書かれていた。

・・・ 

下記、4つの o と x からなる、0から16までのリズムパターンを番号に従っていつでも演奏できるように暗記してください。その際、o は16分休符、x は16分音符とし、リズムパターンひとつが4分音符のまとまりと考えます。

0: o o o o  8: o o o x

1: x o o o  9: x o o x

2: o x o o  10: o x o x

3: x x o o  11: x x o x

4: o o x o  12: o o x x

5: x o x o  13: x o x x

6: o x x o  14: o x x x

7: x x x o  15: x x x x

・・・

2進法が4桁まで進んでいくのが楽譜になっているのだ。マルガサリのメンバーは、口や手拍子で試みた。器用なメンバーはすぐに理解し、すぐにかなりのスピードで出来るようになった。美術が専門の原田さんが意外なことを言い出した。

「私には、月の満ち欠けのように考えた方がやりやすい。」

左から右へと時間が進行する楽譜と考えるのではなく、「田」の字のように4つのマスを考えて、o を明、x を暗、と考えるというのである。さすが美術家、頭がビジュアルである。僕はダンサーなので、そのビジュアル案を動きに変えてみた。

親指を上にしてグーを握る。左右の手を合わせる。二人組になって4つのグーを合わせる。つまり、「田」の字を手で作るのだ。o は、親指をそのまま、x は、親指を立てる。

相手  手手  3桁4桁  
自分  手手  2桁1桁

という風にすると、0番から順番に、

0 1 2 3
o o  o o  o o  o o
o o  o x  x o  x x

4 5 6 7
o x o x o x o x
o o o x x o x x

という具合なる。最初は混乱するが、慣れるとすぐに早くできるようになる。しばらくすると、あることを発見する。自分の右手、つまり右下の1桁目は、規則的に動いているのだ。 

o x o x o x o x

とくり返している。オン・オフの繰り返し。まさにデジタルの動きなのだ。このことは、手や手拍子でしている時、あるいは、月の満ち欠けで考えている時は、そんなに感じられない。その後、僕たちは、これ以外にもフォービッツ・ガムランの中にいろんな発見をしていくのだった。
(佐久間新)
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2017 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。