Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
寝返りのリハビリ
今週の日曜日は、チタチタでのインドネシア語教室が休みだった。

朝食を作っていると(我が家は僕が料理係です)、イウィンさんとブナが朝市から帰ってきた。日曜日は、我が家から歩いて30秒のところに、付近の農家が朝市を開くのだ。

ブロコッリー、ネギ、小芋、ニンジン、カブ、完熟カキを買ってきた。葉っぱの勢いがすごい。寒くなって野菜はますます元気になる。カブは、葉っぱはザクザクと切って、ジャコと炒め、本体はスライスして生で食べた。甘くておいしい。

弁当も作って、猪名川へ出かけた。ぽかぽか陽気だった。ブナと河原で石を拾って、川に向かって投げて遊んだ。途中からは、河原のグラウンドでのアメリカンフットボールの練習帰りだった少年達も加わった。ブナが飽きても、僕は30メートルほど先の枯れ枝をめがけて、何十回も投げた。微調整しながら投げていくと、ようやく命中した。小学校の頃はピッチャーだったのだ。

午後は、阪大でミーティング。哲学の本間直樹さんの呼びかけで、「身体」や「表現」に興味があるメンバーが集まって、お話をする会。オレンジカフェと名付けられたオレンジ色の教室でするので、お菓子を食べながらのおしゃべり。メンバーは、哲学カフェなどしている本間さん、「交流する身体」(NHKブックス)というとても興味深い本を書いた西村ユミさん、コンテンポラリーダンスのプロデューサーの志賀玲子さん、ダンス大好きの理学療法士の玉地雅浩さん、そして僕である。

シュークリームを食べながら、身振り手振りを加えて、3時間以上おしゃべりをした。来年は、このメンバーでワークショップをしたり、2泊3日の合宿を企画したいね、などと盛り上がった。

夜は船場アートカフェで、やっぱり身体が気になるメンバーの集まり。阪大から玉地さんと一緒に移動した。この間も参加した大石麻未さんが入り口で待っていてくれた。
寝返りのワークショップの続きをした。

大石さんが寝返りがうまくできないと言うので、玉地さんに身体を見てもらった。彼女も自覚していたが、左右の足の長さがかなり違っていたのだ。玉地さんの指導で何種類かの動きを行っていくと、足の長さが揃い、寝返りもうまくできるようになった。

寝返りのワークショップでやりたかったことは、
身体の1点から動き始める
その動き(力)を感じて、なるべく細かく次のパーツが動き出すのを感じる、
ということだ。

自分で動かすのではなく、勝手に動く感じがつかめればいいなぁ、と思ってこのワークショップを思いついたのだ。

玉地さんに聞いてみると、理学療法の中でも、寝返りの練習があるという。理学療法の観点からの寝返りの重要性も聞いて、とても参考になった。相互に補完的なコラボレーションが出来ればいいなぁ。
(佐久間新)

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
先生の野球姿、想像できないですー!

ジョグジャ行きチケット入手できそうです!
12/26~29滞在予定なのですが、邸宅のご都合はいかがでしょうか?
明日のレッスンで教えてください。
というか、このレスを見てくれることを祈りつつ・・・
2007/11/27(火) 22:12 | URL | なかたに #-[ 編集]
なかたにさん
チケット入手おめでとう!
我が家は、宿泊OKですよ。

小学校では、野球とサッカー、中学高校では、なんとラグビーをやっていました。
2007/11/27(火) 23:40 | URL | 佐久間新 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2017 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。