Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
センリョウの実 坂道を下っていくダンス
IMG_0245.jpg


 家の前が細長い坂になっている。国道から鋭角に上り、防火水槽のところで90度左へ曲がって、更に急になって30メートルほど上っている。アスファルトではなく、白いコンクリートの舗装で、滑らないように線がいっぱい引いてある。坂の左側に、センリョウの木があり、直径5ミリほどの赤い実が鈴なりになっている。その赤い実を20個ほど取り、坂の上から転がしてみた。

 まず、最初1個を坂の上に置くと、なんとそこに止まってしまった。軸が付いており、それが支えになってしまったのだ。2個目をその手前に置いてみた。

テンテン、テケテケ、スッテンテン、

と、軽快に弾んでいく。

 コンクリートに線が引いてあるので、そこで弾みがつき、どんどん転がっていく。ほとんどの実は、防火水槽の付近まで転がっていく。調子のいいものは、防火水槽のカーブもうまく回り、もっと遠くまで転がっていく。しかし中には、弾みがつきすぎて、溝に転落したりする実もあれば、溝に落ちる寸前で、落ちている木の枝に当たって戻って来る、運のいい実もある。軸が残っている実は失速して、止まってしまったり、あるいは、どうしても行ってはいけない方へと曲がっていき、小石の下へ潜り込んだりする実もある。また、なぜか左へ左へと行き、溝を越え、家の玄関へやって来る実もある。

 同じところから出発するのに、ちょっとしたきっかけで行き先が大きく変わっていく。当たり前だが、不思議である運命なんて。僕はひとつずつの運命を確認しながら、坂を下って行った。一番遠くまで行ったのは、40メートルも先だろうか。集めた実を両手に持って坂を再び上った。軸が支えになって止まった最初の実の上で、両手を開いた。

   テケテケテケ、    テケテケ、   スッテンテン
タカッ、タカッ、  トトトトトッ、
   コロコロコロ、 コロリン、  コロンコロン、
  トッ、トッ、  ストン、ストン、ストン、


賑やかなダンスになった。

 今度は自分で転がってみた。靴を脱いで、坂道に立ってみる。つんのめらないように自然と後ろに重心がかかる。一歩が踏み出せない。踏み出せない感じをじっくり感じてみる。やがて、ゆっくりと左足へ重心を移し、右足をゆっくりと上げてみる。背骨でバランスを取る。右足を着くか着かない微妙な辺りに持っていく。そうっと右足をつける。力がそこへ流れていく。
 足の指、足首、膝を緩めて、力の働いてくる方向を感じる。かかった力を無理のない方向へと伝えていく。背骨で重力を感じながらバランスを取る。ゆっくりゆっくり坂を下っていく。だんだん早くなってもいいし、だんだんゆっくりになって、止まってもいい。成り行きに任せる。自分で動かないようにする。

 坂道を下っていくダンス。意外と難しい。センリョウがセンセイである。
(佐久間新)

 

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Copyright © 2017 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。