fc2ブログ

Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
サングラスと耳栓
久々に、乾千恵さんに電話をした。千恵さんは、電話口には出られないので、お母さんとしゃべることになる。お母さんとしゃべるためにかけているとも言える。千恵さんから来る手紙は、いつも千恵さんの言葉をお母さんが代筆しているのだ。で、しゃべるのはお母さん。すこしややこしい。きっと分ちがたい存在なのだろう。

少し前に送ってもらった絵本
おじいちゃんのトラのいるもりへ  乾千恵 文  あべ弘士 絵  福音館書店
のお礼を言うためだった。

おじいさんと孫がトラでつながっているジャワを舞台にした物語。すばらしいので、ぜひご覧下さい。

そういえば、中川真さんの小説+写真
SAWA SAWA  高橋ヨーコ 写真  中川真 文  求龍堂
にも、おじいさんと音でつながるバリを舞台にした物語があった。こちらもすばらしいので、ぜひご覧下さい。

で、千恵さんはというと、具合が思わしくないらしい。ワヤンを題材にした絵本「スマントリとスコスロノ」(福音館書店)を出した後、エネルギーを使いきったからだろうとのこと。もう長く、家でひっそりとしているらしい。音と光も受け付けないらしく、耳栓をして、カーテンを閉め切って、サングラスをして暮らしているそうだ。

ガツンとやられた気がした。五感を開いて、研ぎすませることからダンスを始めてきた僕にとって、外へ出て、自然の風を思いっきり浴びることから、鳥のさえずりに応えることからダンスを始めてきた僕にとって、放射能が際限なく広がり、どこへ向かったらいいのか困っている僕にとって、千恵さんのその姿はショックだった。耳栓をし、サングラスをかけた彼女は、何を聞き、何を見ているのか。千恵さんのお母さん流に言えば、宇宙支配の神の声だろうか・・・.

千恵さんは、前の仕事でも同じようになったことがあり、その時は、しばらくすると、からだが勝手に動く現象がはじまって、あたかも自分で自分をリハビリするかのごとく、すこしずつ回復していったそうだ。その回復期には、他の人の病も治す力が沸いてきていたそうだ。

先週末に、奈良の東吉野村に泊まりがけでアートキャンプに出かけた。障がいある人とアーティストが自然の中で出会うプログラム。ワークショップの間中、みんなの輪からすこし離れる少年がいた。少年は、銀杏の木の下がお気に入りのようだった。銀杏の木の下の石の上に立って、手に取った葉っぱを眺め、川の音を聞いているようだった。お母さんに聞くと、大きな音が苦手で、銀杏の葉っぱは象に似ているから好きとのことだった。山の向こうに日が沈み、ブルーが立ちこめはじめる中に、少年は立っていた。お母さんは、「この子は、夕暮れが好きなんです。だんだんと宇宙になっていく感じがして。」と言った。
(佐久間新)
 
  
スポンサーサイト



アサヒからサントリーへ。
10月2日 
六本木のサントリーホールで「作曲家の個展:三輪眞弘」があり、マルガサリで「愛の賛歌」を上演した。この作品は、フェニックスホールで初演して以降、大垣ビエンナーレ、碧水ホール、スペース天周辺、大阪大学懐徳堂など、なんども再演していいる。2進法の演算を音にした4人の奏者による2台のグンデルがベースになり、3拍子のメロディとしてサロンや歌、さらに即興的にルバーブが加わる。また、ダンスも、1人から3人までのバージョンをすでにやった。今回は、イウィンさんと2人で踊った。

前日に、ブナと3人で隅田川に東京スカイツリーを見に行った。吾妻橋の向こう、高くそびえるツリーの手前には、金の雲が浮かんでいる。この雲の横がアサヒビール本社ビルだ。2000年の初夏に本社ビルの1階でアトリウムコンサートをした。古典曲とともに野村誠作曲「セミ」を初演した。この曲でも、イウィンさんとふたりで踊った。



2000年の1月にジャワで結婚した後、日本に帰国して半年足らずだった。古典舞踊はそれなりに踊れたが、創作したり、即興で踊るのは、まったく苦手だった。このビデオにも、それがよくあらわれている。イウィンさんにくっついてなんとか舞台に立っている感じ。2回舞台から退場する場面があるが、2回とも僕の方から先に退場している。一刻も早く舞台から降りたいのだろう。それ以外の場面でも、余裕綽々のイウィンさんに比べて、間が持てていない。テクニックより、意識の問題が大きい。

最後の方に、この時のさくまくんにも、すこし見所がある。バナナを取って出てくる場面だ。本番直前に、ゴンのそばにバナナを発見した僕は、それを使うかもしれないと、もっと近くの取りやすいところに移動させていたのだ。それを最後のいい場面で、半ば即興的に、半ばやけくそ気味にバナナを持って舞台に登場する。そして、なんとむいて食べている。客席が一瞬沸く。食べたのは、即興だったと思う。そして、この客席の反応に救われて、なんとか舞台に居場所を見つけていく。なんとも綱渡りだけど、僕は何度も、土壇場のやけくそ即興に救われている気がする。1996年のジョグジャのタマンブダヤでもそうだった・・・。

この東京公演の後、何度か関東で公演する機会があった。中でも、2002年のランバンサリとの東京公演の際には、気負い過ぎて空回りしてしまった。この時のショックは、立ち直るのに1年以上かかった。それからは、「桃太郎」やエイブルアートの取り組みとかあって、ずいぶんと僕のダンスも変化した。この日のサントリーホールでは、もっと気負ったり、緊張したりするかと思ったが、思いのほか落ち着いて出来た。パイプオルガンをバックに、ぐるりと囲まれた客席、豪華な木のしつらえ、研ぎすまされた空気、透明感のある照明、それらをからだに吸い込みながら、音とともにだけあろうと、静かに立った。

アサヒから、サントリーへ。11年が経過している。次は、麒麟の背中に乗ってか、満点の星(ビンタン)の下でか・・・。
(佐久間新)
 

Copyright © 2011 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm