Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
マルガサリ版『桃太郎』のインドネシアツアー
 この夏、国際交流基金、アサヒ芸術文化財団の助成を得て、マルガサリ版『桃太郎』全5場を、2008年8月23日?29日にインドネシア3都市におきまして上演することになりました。

 マルガサリ版『桃太郎』は、野村誠(作曲家)の音楽監修のもと、 2001年に制作を開始し、2005年に全5場が完成、2006年に滋賀県甲賀市碧水ホールにて3時間半にわたる全場が上演されました。ガムラン演奏者が俳優やダンサーにもなって舞台上を駆けめぐる画期的な上演方法は、アジア的な劇作法を大胆に押し進めるものとして話題となりました。海外ではこれが初の公演となります。

 「桃太郎」は、よく知られた民話であるとともに、インドネシアやヨーロッパのほか、世界各地に散見される民話と共通する要素を多く持つ、普遍的なテーマを扱っています。マルガサリは、ガムランを媒介にした新しい創作活動をとおして、桃太郎に新しい息吹を与え、世界に発信していきます。

 マルガサリを応援よろしくお願いいたします。


マルガサリ版『桃太郎』全五場 インドネシア公演
Gamelan Theatre “Momotaro ? The Peach Boy”


公演日程:
ジャカルタ公演:
     2008年8月23日 (会場:Bentara Budaya Jakarta)
ジョクジャカルタ公演:
     2008年8月26日 (会場:Taman Budaya Yogyakarta)
     2008年8月27日 (会場:Institut Seni Indonesia Yogyakarta)
スラバヤ公演:
     2008年8月29日 (会場:Cak Durasim Surabaya)
スポンサーサイト
ウロコ通信81 書きました
今朝は雷雨でした。昼間は日差しが戻り、田んぼの畦を刈る草刈り機の音が賑やかです。夜は9時を回ると、田んぼから涼しい風が吹いてきます。不思議と、朝や晩の涼しさを感じた時に、夏の到来を感じます。

さて、公演情報です。
舞踊家の由良部正美さんとコンテンポラリーダンスの志賀玲子さんが関わっているスペースALS-Dのオープニングイベントです。
7月12,13,26,27日と公演があります。僕は、12日に出演します。ジャワ舞踊を踊ります。
詳しくは、http://homepage3.nifty.com/spacealsd/をご参照下さい。

スペースALS-Dオープンニング企画第1弾
日時:7月12日(土) 17:00?
場所:スペースALS-D
    京都市北区紫野南舟岡町38?23
出演:佐久間新、平岡秀幸、山田せつ子、由良部正美
料金:1,000円 (各回50名限定)
予約・問い合わせ:
スペースALS-D spacealsd@gmail.com
シューツ&ルーツ 075-581-6236
当日問い合わせ:090-5155-3543 (由良部)

以下は、チラシに掲載されている案内文の引用です。

・・・ ・・・

スペースALS-Dは、ALS患者 甲谷匡賛さんの生活の場に併設されたオープンスペースです。甲谷さんはALSにより声と手足の機能を失いながらも、自薦ヘルパーによる24時間態勢の介護で、独居生活を実現しています。24時間他人とともにある生活。その場を、さらに地域へ、社会へと開く例のない試みといえます。
 
ALS(筋萎縮性側策硬化症)は全身の運動神経が機能しなくなっていく神経難病で、その原因も治療法もわかっていません。病気の進行にしたがい、身体の自由がきかなくなり、次第に会話、食事、呼吸、まばたきさえも困難になっていきますが、感覚や頭脳は何ら冒されることがありません。家族の重い介護負担や、7割の方が人工呼吸器をつけずに亡くなるという現実の中で、終末期医療や安楽死の議論では、たびたびその名が取り上げられています。
 
甲谷さんは発病前、ヨガや新体道を学び、手技治療院を開いていました。施術の技のみならず、その身体観や思想性にひかれ、多くのアーティストが通っていました。発病した甲谷さんの支援者もダンス関係者が中心となっていたため、独居生活の話が持ち上がった時、ダンススタジオを併設して、ダンスやALSにかかわる様々な集まりのできるスペースにしようというプロジェクトが動き始めました。
 
まだまだ、まったく別々の文脈で語られることの多い芸術と医療・福祉ですが、甲谷さんの生き様をとおしてみると、「人が生きていく」という上では、どちらもたいへん身近なものに思えます。この小さなスペースが芸術や医療・福祉だけではなく、「人が生きていく」ことに関わるさまざまなことを考え、有機的、多面的に人々がつながっていく場となればと思います。
オープニング企画第1弾は、甲谷さん縁のアーティストの皆さんが、甲谷さんの生き方と新しいスペースの誕生を祝して集まってくださいました。動けない身体と踊る身体の共存。どうぞ、このささやかな、しかし、未知の可能性にあふれた新しい場のスタートにお立会いください。

                 スペースALS-D/由良部正美、志賀玲子

・・・ ・・・

暑くなってきました。みなさまご自愛下さい。

(佐久間新)
Copyright © 2008 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。