fc2ブログ

Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
まるで綾取り
3月9日、シンポジウム終了後、「照明の音楽」と題するコンサートがあった。

第22回幻聴音楽会
「照明の音楽」
企画・構成・演出:野村幸弘
作曲:坂野嘉彦、鷲見祐司、長谷部雅彦
出演:片岡祐介、片岡由紀、永吉真弓、正木恵子、浜松ブラスバンド、ヴォア・ヴェール(合唱)、他

野村さんの幻想工房が主催する幻聴音楽会のシリーズが、この鴨江別館を舞台にして、フォーラムの一環として行われた。建物全体が作品なので、観客は向かいの旧銀行協会から見るのだ。道を挟んだビルの一室をのぞき見るような感じ。しかし、マイクで拾われた音は間近のスピーカーからも聞こえてくる。演奏家は、蛍光灯が点滅するビルの各部屋で演奏し、やがて姿を消す。最後は、演奏家たちが正面入り口からあらわれ、横断歩道を渡って、観客のいる旧銀行協会の狭い吹き抜けのロビーに入ってくる。観客と演奏家が集まった狭い吹き抜けのロビーに、コーラスとブラスバンドの響きが太い柱になって立ち上がった。

野村さんとは、I-Picnicで一緒に活動している。作曲の坂野さんは、岐阜のガムラングループ「スカルムラティ」にもガムランの新作を書いている。片岡夫妻とは何度も共演したことがある。今回の浜松アートフォーラムでは、いろんな関係の綾がつながっている。

演奏会終了後、旧銀行協会の1階で交流会。おいしい料理を食べながら、シンポジウムで僕のダンスに興味を持ってくれた方々と、腕をブラブラさせるミニワークショップの場になった。その後、近くの居酒屋で出演者とスタッフの打ち上げになった。

隣の席になった臨床心理士の笹田さんと話をした。野村さんが主催する岐阜大学芸術フォーラムにしばしば参加しているとのことだった。笹田さんは、障がいのあるM君と仲が良く、漢字に関するユニークなエピソードを聞かせてくれた。障がいのある人の持っている際だった個性は、関わる相手、時、場所によって、煩わしい問題にもなれば、新しい価値観を与えてくれるヒントにもなるし、とびっきり楽しい遊び相手になったりもする。今回の浜松アートフォーラムを主催する久保田さんも、障がいを持つ長男が実はユニークなアートの表現者であると、発想の転換をすることによって、すごく救われたそうだ。彼のユニークな音楽性を発見したのは、片岡祐介さんだった。

[まるで綾取り]の続きを読む
スポンサーサイト



Copyright © 2008 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm