FC2ブログ

Gamelan Marga Sari -Blog-

*ガムラン マルガサリ*のメンバーによるブログです.
舞踊と町の性格
 先週は、木・金・土と奈良で仕事をした。(社)奈良まちづくりセンター が招聘したアチェの人たちの案内とセミナーの通訳の仕事だ。木曜日は明日香や今井町を散策した。橿原市今井町の名前は本などで知っていたが、実際に訪れてびっくりした。元は壕に囲まれた400メートル×600メートルほどの町が、全く江戸時代のような風景なのだ。全件が白い土壁、黒の瓦葺きなのだ。今井町町並み保存会の会長に話を聞くと、数十年前はお化け屋敷が並ぶ町だったのが、大学の調査が入ることを契機に、自分たちの町の良さを再認識する気運が生まれ、保存会ができたそうだ。大学や保存会が行政にも働きかけ、現在では、国も今井町のために法律を作り、住宅の補修に援助を出しているという。その代わり、建築に対しては様々な規制が設けられている。町の大半の電柱と電線は埋設され、道路は土に似た色の舗装になり、家々の多くも補修され、町はお化け屋敷から、美しい景観の中で人々が暮らす町へと一変した。

 今年5月に、ジョグジャカルタで地震があった。町は大きな被害を受けた。現在、町の再建が始まっているが、伝統建築をいかに再建するかは大きな課題になるだろう。誰も声を上げなければ、無機質な効率優先の建築が更地に建つことになるだろう。今井町の例のように、外国人の私たちが声を上げることも現地への力となるだろう。そして、建築だけでなく、伝統舞踊も危機に瀕している。効率優先の大量消費文化が、ジャワの社会にも猛烈な勢いで押し寄せている。そんな社会で、長期に渡る修行が必要で、その風土や建築、儀礼、哲学、食事、衣服などあらゆる文化を背景としているジャワ舞踊は生き残れるだろうか。一旦、それを受け継ぐ人がいなくなれば、消えてしまうであろう形のない舞踊や音楽。
 本来、ジョグジャの舞踊や音楽は、町の性格を作り出す大きな要因になっている。隣町のソロの舞踊や音楽と比べれば分かるが、ジョグジャの舞踊や音楽が持つ、「無骨で、単純」、よく言えば、「明快で、清楚」なところはジョグジャの風景のそこここに、ジョグジャの友人達の中に見いだすことができる。それゆえ、ジョグジャが再建していく時に、舞踊や音楽が持っている力も最大限に発揮されるべきだと思う。そうなった時、ジョグジャは今まで以上に魅力のある町になるだろう。
(佐久間新)
スポンサーサイト



Copyright © 2006 Marga Sari All Rights reserved.
Designed by aykm